あのトモ

- 本に出てくるあの娘ぼくがトモダチになろうっていったらどんな顔するんだろう -

Dinosaurs on other planets ... アイルランド版すれ違い家族の物語

こっから読めます|web 版 New Yorker 今年は英文のテキスト意識して読もうと宣言していたところ人に教えてもらいました。アイルランドの作家による短編です。New Yorkerのウェブ版で読むことができます。リンク先にありますが、sound cloudに音声版もありま…

中動態の世界 … 自己理解とセルフコントロールで自由を手に入れようと読めた

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)作者: 國分功一郎出版社/メーカー: 医学書院発売日: 2017/03/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (20件) を見る 「人はなぜ暇を潰そうとするんだろう、なぜ何もせずにはいられないのだろう」と…

モチベーション革命 - 稼ぐために働きたくない(たぶん、私たち...)世代の解体書

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)作者: 尾原和啓出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2017/09/27メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る Amazonプライムでそのままダウンロードできたので読んでみました。…

LIFE SHIFT - 100年時代の(なんともマッチョな)人生戦略

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)作者: リンダグラットン,アンドリュースコット,池村千秋出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2016/10/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (16件) を見る あけましておめでとうございます。 年明け一発めはAmazonのベスト…

THE SNOW GOOSE

酉の年の終わりに「猫語の教科書」「雪のひとひら」で有名な、ポール・ギャリコ「THE SNOW GOOSE」を。 The Snow Goose and The Small Miracle作者: Paul Gallico出版社/メーカー: Penguin Books Ltd発売日: 1967メディア: ペーパーバックこの商品を含むブロ…

THE FIRST BAD MAN - “discomfortable brilliance” な作品の存在意義

The First Bad Man: A Novel作者: Miranda July出版社/メーカー: Scribner発売日: 2015/09/08メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る 来春に岸本佐和子訳で、新潮クレストブックスから翻訳が出る予定の、ミランダジュライ未翻訳小説。 いちばん…

Memoirs - おとうさんに会いたくなった

わたしは普段から父親とは仲が良い方だと思いますが、この週末は特に「おとうさん」に会いたくなりました。 そのきっかけのひとつが Memoirs という冊子。現在開催中の三条富小路書店に行き、棚の上にそっと置かれたこの優しい小編に出会いました。 いしみち…

のんしゃらん記録 - 愛サレタイ、と薔薇になった少年のSF短編

佐藤春夫 (ちくま日本文学全集)作者: 佐藤春夫出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1991/08メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 12回この商品を含むブログ (14件) を見る わたしの本棚をサッと見て一言「好きだと思う」と、これを薦めてくれた友人は鋭いです。…

パン屋再襲撃 - つい、タイトルで手に取っちゃいます

新装版 パン屋再襲撃 (文春文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/03/10メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 4回この商品を含むブログ (19件) を見る 1989年バブルの崩壊時期、私の生まれた頃に書かれた村上春樹の短編集。 6つの短編で構…

ソラリス - 人間の理屈の枠組みを超えたもの、を前にして

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)作者: スタニスワフレム出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/05/29メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る はじめての、スタニスワフ・レム。 ソラリス? モノリスの親戚かなんか? 程度にしか捉えていなかった状…

アンドロイドの夢の羊

アンドロイドの夢の羊 (ハヤカワ文庫SF)作者: ジョン・スコルジー,内田昌之出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2012/10/15メディア: Kindle版購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (7件) を見る Amazonの海外SFセールでポチ買してしまいました。ずっ…

そんな日の雨傘に - 悩み多きように見えて実は一番充実している男の話

そんな日の雨傘に (エクス・リブリス)作者: ヴィルヘルムゲナツィーノ,Wilhelm Genazino,鈴木仁子出版社/メーカー: 白水社発売日: 2010/06メディア: 単行本 クリック: 31回この商品を含むブログ (17件) を見る 本のジャケ買い(ジャケット買い、表紙のインプ…

ハリネズミの願い - ヘンな自分だけど友達は欲しいんだっていう気持ち

ハリネズミの願い作者: トーンテレヘン,Toon Tellegen,長山さき出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/06/30メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (6件) を見る オランダでは相当に有名な作家だそう。 あとがきによると、テレヘンは医者をや…

すき好きノート - 節目の日に自分をみつめるツール

今月のはじめ、わたしが世に生まれてから28年目が始まりました。 わたしは年上にも年下にも見られることがありまして、自身としてはあまり年齢に頓着はありませんが、ハッピィバースディ。 誕生日はよくこれまで生きてこれましたという自分への労いと、よく…

浮世の画家 - 戦後の責任意識ってものについて初めて考えさせられた

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)作者: カズオイシグロ,飛田茂雄出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2006/11/01メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 58回この商品を含むブログ (53件) を見る 京都・大阪市民読書会 さんに参加してきた際の課題図書でした。 Kazuo …

きりこについて - 可愛いは作れる、ブスは直せる

きりこについて (角川文庫)作者: 西加奈子出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2011/10/25メディア: 文庫この商品を含むブログ (15件) を見る 写真写りの悪い一枚を見て落ち込んで「まじブスなんだけどw」と呟いたら 「ブスは直せ…

2084 - 1984 再解釈

2084 世界の終わり作者: ブアレムサンサル,Boualem Sansal,中村佳子出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/08/28メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る フランスで最も権威のある文学賞の一つ、アカデミーフランセーズを受賞した、アルジ…

「言葉にできる」は武器になる。- 言葉を紡ぐことは、立派にものづくりでした ...

「言葉にできる」は武器になる。作者: 梅田悟司出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2016/08/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (8件) を見る 話題書コーナーでずっと気になっていたコイツ。 自他ともに求めるインプット人間…

コードやコマンドが載ってるギークな小説リスト1

知識ゼロから始めて、プログラミングやらエンジニアリングやらにまったく興味が持てなかったわたしは、好きな分野、読書からそちらにアプローチしようと、いつの間にギークな小説を漁るようになっていました。 まだまだ(たぶん一生?)この取り組みは続くでし…

ヨコハマ買い出し紀行 - 穏やかな終末を横須賀から描く

ヨコハマ買い出し紀行 1 新装版 (アフタヌーンKC) 作者: 芦奈野ひとし 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/10/23 メディア: コミック 購入: 10人 クリック: 78回 この商品を含むブログ (40件) を見る ケン・リュウの短編集「紙の動物園」のあとがきに、同…

こちらあみ子 - 応答せよ、こちら読者です

こちらあみ子 (ちくま文庫)作者: 今村夏子出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2014/06/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (13件) を見る 「あひる」「星の子」と昨年からまた活発に作品が出ていて、その度に話題になっている、ものすごい作家のデビュー作…

冒頭に語りのあるプレイリスト 1

番外編です。 リズミカルな文脈の中で「語り」は、際立った存在感を放ちます。 文芸作品、音楽で、冒頭に「語り」のあるものをあげてみたくなりました。 思いついたら都度、足してゆきたいので第一弾ですが、なぜか「暗め」「渋め」となりました。 そういう…

マチネの終わりに- 現在は、過去と未来の矛盾とな

マチネの終わりに 作者: 平野啓一郎 出版社/メーカー: 毎日新聞出版 発売日: 2016/04/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (15件) を見る 夏の終わりに近所の川のほとりで 「マチネの終わりに」を。ベンチでページを閉じ終えると、セントラルパークで…

少女の世界 - スクールヒエラルキー毎に異なる悩み

xoy.webtoons.com 漫画。しかも、現在連載中の無料でみれる、ウェブ漫画です。 27歳も後半戦になって、青春学園ものいいなあなんて思いはじめました。 これ、ただの恋愛ものではなく、女子同士の地味で醜い小競り合い、見栄の張り合い、中学からの確執なんか…

ハローサマー、グッドバイ - ひと夏のディストピア

ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)作者: マイクル・コーニイ,山岸真出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2008/07/04メディア: 文庫購入: 33人 クリック: 972回この商品を含むブログ (211件) を見る 真夏に爽やかな物語が読みたくなりました。ジュブナイ…

ムーンライト・シャドウ - 早朝四時の"恋"

キッチン (角川文庫)作者: 吉本ばなな出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1998/06/01メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 182回この商品を含むブログ (296件) を見る もうすぐお盆。東北地方のよくある国道からちょっと入った山中の集落にあるわたしの田舎では…

モテキ4.5 - いつかちゃんと私

モテキ(4.5) (イブニングKC)作者: 久保ミツロウ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2010/09/07メディア: コミック購入: 11人 クリック: 296回この商品を含むブログ (78件) を見る ブックオフで安かったので積読しといた一冊。映画も本編の漫画もおもしろかった…

すばらしい新世界 - 500年後の人々はこれをディストピアとするか

すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)作者: オルダス・ハクスリー,水戸部功,大森望出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2017/01/07メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見る 書かれてから90年経った後の読者である、わたしの感覚からして、な…

鼻行類 - この本は嘘なのか本当なのか

鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (平凡社ライブラリー)作者: ハラルトシュテュンプケ,Harard Stumpke,日高敏隆,羽田節子出版社/メーカー: 平凡社発売日: 1999/05/01メディア: 新書購入: 8人 クリック: 232回この商品を含むブログ (115件) を見る …

一茶 - そもさん。風流人なんかじゃない、泥臭い作家先生へ

新装版 一茶 (文春文庫)作者: 藤沢周平出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/04/10メディア: 文庫 クリック: 4回この商品を含むブログ (9件) を見る 拝啓 小林一茶様。 これは約200年後の未来からあなたへ向けたファンレターです。 藤沢周平という作家によ…