読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あのトモ

- 本に出てくるあの娘ぼくがトモダチになろうっていったらどんな顔するんだろう -

閉塞感

海炭市叙景 - 薄闇の日々からのみ分かるほんの少しの希望について

海炭市叙景 (小学館文庫)作者: 佐藤泰志出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/02/15メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 呉美保監督「きみはいい子」がとてもよかったので彼女の他の作品も調べていると「そこのみにて光輝く」を知りました。そこか…

舞台 - 生を演じることが下手くそな人へ

舞台 (講談社文庫) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/01/13 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 下手くそな道化を演じる人間の物語 カイヨワ の 「遊びと人間」 の中では、人類は文明化の過程で 模擬(演技) と 眩暈 から…

空港にて - どこか、遠くへ行きたいな

※ イメージは空港ではなく京都駅だけど、いつも空港に近いものを感じます。 ミレニアム後の閉塞感で生まれた小説 村上龍「空港にて」は、2001年から2003年にかけて発表された、8つの話からなる短編集。 ノストラダムスだ!ミレニアムだ!なんてお祭り騒ぎし…