あのトモ

- 本に出てくるあの娘ぼくがトモダチになろうっていったらどんな顔するんだろう -

三人称

「青い月の石」を読んで ... 解けてしまう魔法について。

「オランダの50年の中で一番の子どもの本を書いた」おじいさん作家、トンケ・ドラフトによる子どものためのファンタジーだ。 岩波少年文庫なんて、成人してから初めて手に取ったかもしれない。 最近、これが読みたい、という強いこだわりが持てなくなった。…

世界の終わりの天文台 … いるか分からない相手と通信するロマン

冬は寒いから嫌だけど、寒いからこそ、わずかなあたたかさに気づけるのかもしれないとも思う。冬らしく、静かで、少し心があたたかくなるような本を探していたら、SFの新刊で良さそうなものと出会ってしまった。 主な登場人物 あらすじ 所感 主な登場人物 オ…

ここは退屈迎えに来て … 憧れは形を変えてゆくけど。

私は就職のタイミングで関東から関西へわざわざ移動してきた。よく訊かれるその理由をうまく説明するのに、この本が一役かってくれそうな気がして、読んでみた。 アラサーのひとで、地元も都会も知っているひとは、あるあるとうなづきながら読めそうな一冊だ…

スモーク&ブルー・イン・ザ・フェイス … ブルックリンの人間交差点

クリスマスシーズンになると思い出す映画。さらに言うと、これを知っている人と出会ったらちょっぴり嬉しくなる映画「スモーク」、そしてそのスピンオフ映画「ブルー・イン・ザ・フェイス」。これらの脚本が、一つの文庫本で出ていることを知ったので、読ん…

Dinosaurs on other planets ... アイルランド版すれ違い家族の物語

こっから読めます|web 版 New Yorker 今年は英文のテキスト意識して読もうと宣言していたところ人に教えてもらいました。アイルランドの作家による短編です。New Yorkerのウェブ版で読むことができます。リンク先にありますが、sound cloudに音声版もありま…

のんしゃらん記録 - 愛サレタイ、と薔薇になった少年のSF短編

佐藤春夫 (ちくま日本文学全集)作者: 佐藤春夫出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 1991/08メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 12回この商品を含むブログ (14件) を見る わたしの本棚をサッと見て一言「好きだと思う」と、これを薦めてくれた友人は鋭いです。…