あのトモ

- 本に出てくるあの娘ぼくがトモダチになろうっていったらどんな顔するんだろう -

語り

「ペーパームービー」ある、恵まれた自覚のある女の子の語り

うちにテレビはないけれど、インターネットのニュースを開けば樹木希林さんを追悼する内容で溢れている。 平成元年生まれの、しかもドラマや映画に疎かったわたしにとっては、樹木希林さんといえばフジカラーのCMに出てるおばあさん、程度しか正直、知らなか…

「未必のマクベス」旅って、何だ?

読んだ。話題作だ。作者は前作からじつに22年ぶりにこの作品を出したという、大作だ。 「あなたは、初恋の人の名前を検索したことがありますか」なんて帯のキャッチコピーから、がっつり恋愛小説かと思いきや、どっちかというとクライム・サスペンス寄りな気…

「草枕」… ひとつ手にとっては丁寧に検討する「余」先生との時間プライスレス。

くたびれている。と、帰りの電車でぽつり浮かぶ言葉。 だからって、気分の転換に何処に行きたい訳でもなし。場所が解決してくれるとは、思わない。同じ理由で、新しい何かを始めて、リフレッシュしようとも、思わない。くたびれているが故、動けないと言える…